お役立ちブログ

英語教室の種類

英語教室の種類
子どもに身につけさせたいスキルとして
常に上位の英語・英会話。
 
子供の頃から英語に触れて、将来の可能性が広がってくれたら…と思いますよね。
 
子ども向けの英語教室はたくさんありますが、系統で分けると大体3つに分けられるようです。
教室探しの参考にご紹介しますね。

 
 
■英会話系
 
一番多い一般的な英語教室です。ネイティブや日本人講師がゲームなどしながら英語の基礎を教えてくれます。小さな子には音中心、読み書きや文法も年齢に応じて教えてくれます。

 
■塾系
 
中学受験の塾が英語に特化したクラスを開講しています。小学校の学習指導要領を意識しながら、中学校で習う英語を前倒しで教えているところが多いようです。単語学習や基本例文の暗唱を中心に据えて、英会話系と差別化を図っているようです。

 
■英語で習いごと系
 
少数ですが、何かの習い事を英語でする教室です。
例えば、ネイティブのインストラクターがダンスを教えている教室などが該当します。英語そのものの学習よりは、好きな習い事を通して英語に親しむことが出来るでしょう。
 
 
・・・
小学生の間は本格的な英語の学習は必要ないと思うけれど、英語に触れる機会は与えてあげたいと考えるなら、英語で習いごと系の教室も検討されると良いと思います。
 
英語を本格的に学ぶのなら英会話系か塾系ですが、どんな良い教室でも子どもが興味を持たなければ身につきません。
 
いくつか候補を探して頂き、ぜひ体験に行かれてみてくださいね。
 
TOP