カテゴリ1

inputがdisabledの時のCSSを指定する

CSS の :disabled 疑似クラスセレクターは、無効な要素を表します。無効な要素とは、アクティブ化(選択、クリック、入力など)したりフォーカスを得たりすることができないものです。要素には有効な状態、つまりアクティブ化したりフォーカスを得たりすることができる状態もあります。

この例は基本的な送り先フォームを表示します。 JavaScript の change イベントを使用して、ユーザーが請求先欄を有効化/無効化できるようにします。

<form action="#">
  <fieldset id="shipping">
    <legend>送り先</legend>
    <input type="text" placeholder="名前">
    <input type="text" placeholder="住所">
    <input type="text" placeholder="郵便番号">
  </fieldset>
  <br>
  <fieldset id="billing">
    <legend>請求先</legend>
    <label for="billing_is_shipping">送り先と同じ:</label>
    <input type="checkbox" id="billing-checkbox" checked>
    <br>
    <input type="text" placeholder="名前" disabled>
    <input type="text" placeholder="住所" disabled>
    <input type="text" placeholder="郵便番号" disabled>
  </fieldset>
</form>
TOP